-->

田廻音楽事務所ロゴ

WORKS

田廻弘志の活動記録。 (記事は事務所マネージャーによる不定期投稿。)

■モスクワHINODE「オペラ葵上」上映!

お陰様で「ボーカロイドオペラ葵上with文楽人形」は、4月23-24日にモスクワで行われた日本文化紹介イベント「HINODE」にて上映し、チーム全員無事に帰国しました。

いろいろ準備して行ったのですが、リハーサルにて、日本とロシア間の映像方式やシステムの差異などに直面し、ちゃんと上映できるかしら?とヒヤっとした場 面があったのですが、ロシアのエンジニアと加納監督がよく相談することで乗り越えられまして、日本とかわらぬ美しい映像を、たぶん日本以上の大画面と爆音 でモスクビッチ(モスクワ市民)の皆様にお届けすることができました。

ライトを浴びる舞台上からは客席がまったく見えず客入りが不安だったのですが、舞台監督に後から「今までで一番の大入り!」と教えて頂き、1000席が満 員の大観衆だったと分かりました。葵上以外の、太鼓や日本舞踊、三味線、ポップスなどの演目も拍手を集めていましたし、日本で行われる世界大会への切符を 争うロシア代表選抜のコスプレ大会も人気を集めていました。

リハーサル中や会場の写真です。

モスクワリハーサル HINODE 田廻とお客様

舞台挨拶では下記の様に申し上げました。

——————————
監督・加納真
「この映画は、愛の映画です。でも普通と違うちょっと奇妙な愛を描きました。理解するというより、感じる映画です。怒涛のように爆発したある愛のカタチを楽しんで貰えたら嬉しいです。」

作曲家・田廻弘志
「私はロシアのクラシック音楽にとても惹かれるのですが、たぶんそれは、ロシアの音楽の中にアジア的なものを感じるからだと思います。葵上のコンセプト は、人形劇の人形が亡霊となって現れるというストラビンスキーのバレエ「ペトルーシュカ」にヒントを得ています。葵上は、そうしたロシアの音楽を手本に、 私なりのやり方で、西洋のオペラと東洋の精神世界とを繋ごうとした作品です。西洋と東洋を繋ぐロシアのみなさんにこの作品をお披露目できたことを光栄に思 います。」

プロデューサー・田廻明子
「田廻は私の夫です。だからアオイは私達の娘です。この娘はとても難産でした。ロシアの皆さんにアオイを見て貰えて幸せです。本当にありがとうございました。」
——————————

田廻にとってロシアは憧れの国でしたのでその旨を率直に申し上げ、大きな拍手を頂きました。

その他、「ボーカロイドとは何か?」のレクチャも行い、ボーカロイドを実際に操作する場面を御見せしたり、日本でのボーカロイドライブの様子をご紹介しました。驚きの声が上がり、活発な質問が飛んできました。

葵上ブースにはたくさんのお客様が来て感想を言ってくださいました。感動のあまりいきなりハグしてくる方もおられました。通訳を介したり、お互いつたない英語で話したのは下記のような内容です。

——————————
●人形が生きているようで驚いた。段々もう人形とは思えなくなってきた。

●人形が起き上がる場面や顔が変わる場面やは本当に怖かった。霊魂が宿ったと感じた。今夜は怖くて眠れない。怒りで飛び回るシーンはスペクタクルだった。

●音楽が素晴らしかった。テクノサウンドが迫力があり、エキゾチックな楽器(和楽器)がクールだった。

●複雑なポリフォニー(異なるメロディによる重唱)の編曲が巧みで、まさにオペラだった。

●背景映像や照明も巧みで、物語にあっていた。舞台セットは不思議な感じでよかった。

●ボーカロイドの声は合成とは思えない。本当に自然で驚いた。人間では歌えない部分もあり、新しい楽器がこれからニューワールドを拓くのだと感じて興奮した。

●ロシア語のボーカロイドはないのか?中国版があるならロシア語のも絶対作って欲しい。いったい何人のロシア人がリクエストしたらヤマハは作ってくれるだろう?
——————————

以上、HINODE上映のご報告です。

オペラ葵上を、モスクワに届くほどまで応援してくださったファンの皆様、葵上を一緒に創ってくださった人形遣い・スタッフの皆様、本当にありがとうございました!!

■アルバム「Future Music With Future VOICES」を発売

このたび#4アルバムがiTUnesなどで発売になりました。どうぞよろしくお願いいたします。

今回のアルバムは、「素晴らしい人間の歌手が山ほどいる中で、それでもなお合成音声を使用する意義は何か?」について哲学した作品集です。

人ならぬものが歌う意義とは? 人には歌えない新しい歌曲とは?
作曲家の新しい挑戦をどうぞ確認してください。

当事務所サイト内やiTunesにて試聴を用意しております。ぜひお聴きくださいませ!

■Logic Pro X+VOCALOID 3 Editor 解説本を出版!

2014/10/25付で、初めての著作を上梓しました。

「Logic Pro X+VOCALOID 3 Editor 初心者からのステップアップ for Mac」

 

  • 著者:田廻弘志 & 田廻明子
  • 価格:3,888円(本体3,600円+税8%)
  • ISBNコード:978-4-89977-414-3
  • 本のサイズ:B5変形判/フルカラー576ページ

出版社のページはこちら
アマゾンページはこちら

ビギナーの一番の問題は、DAW付属の取説を一生懸命読んでも、意味がわからないことです。数々の専門用語に打ちのめされてしまってどこから手を付けて良いのかわからなくなってしまいがちです。

それは、DTMの各種機能がそのベースとしている基礎知識(楽器法、楽典、物理学、電磁気学、情報工学、生理学、音響心理学)などを知らないから起ることだ、と田廻は考えました。

Logic Pro XとVOCALOID 3 Editorの使い方をチュートリアル形式で説明し、かつて田廻自身も戸惑った「取説に載ってない基礎知識」を実際の手順の中でわかりやすく解説した、今まで にないディープな解説書です。

書店でお見かけになったら、ぜひ一度手にとって頂ければ幸いです。

 

■オペラ葵上 東京上映会!

ボーカロイド™ オペラ 葵上 with文楽人形、下北沢トリウッドさんでの東京上映へお越し頂き、本当にありがとうございました!

 

本作は各メディアから様々な反響を頂きました。
朝日新聞Japan Times産経新聞(朝刊では総合3面)Real SoundzakzakTwitter反響①

 

2014/9/10~15の初演時は予約があふれてしまいキャンセル待ちすらお断りする状況になりました。そのためシアターさんとご相談して延長し、9/20~10/3の追加上映を行うことができました。

IMG_5908IMG_5909IMG_5910

心に残るのはお客様の幅の広さです。世代や好みによって娯楽が別れてしまっている現代に於いて、本作は6歳の小学生から70代の方、ボーカロイド好き、文楽好き、演劇好き、いわゆるアキバ系の方や銀座風マダムの方などなど、色々な方に同じ場所で同じものをみて楽しんで頂くことができて、感無量です。また、たくさんのお花をありがとうございました!

IMG_5777IMG_5778IMG_5779

本作の冒頭の部分は、ボーカロイドという楽器そのものへのオマージュとして制作しました。映画の音響(ポストプロダクション)は、文楽人形の舞をいかに美しく魅せるか…という観点で仕上げました。ボーカロイド開発の父:ヤマハの剣持秀紀さんにお越しいただけたことや、人形遣いの吉田幸助さん達との完成パーティで色々語り合ったことで、先に進む勇気を頂きました。感謝です。

IMG_5871★IMG_5865★IMG_5840

本作は、色々なイベント様や地方の映画館様からお声がけを頂いており、地方上映の詳細が決まりましたら公式ホームページツイッターフェイスブックでお知らせいたします。

 

■オペラ葵上をプレミア上映!

2014/7/27 ロンドンの日本文化紹介イベント、

Hyper Japan2014で、ボーカロイドオペラ葵上をプレミア上映しました。着席500人のメインステージに立見も500人ほど来てくださり大盛況でした。

ロンドン上映の劇評がジャパンタイムスに掲載されました。

ロンドンでの様子はこちらのギャラリーをご覧ください。

HJ_026HJ_028

そして 2014/9/10 いよいよ日本での初上映です。
皆様の応援とご協力に心から感謝しています。

作品情報の詳細は公式ホームページツイッターフェイスブックをご覧ください。